バストアップは体温と関係があった?

公開日: 

体温が高いとバストアップにいい、ということを聞いたことがあります。

これは本当のことなのでしょうか?

 

 

基本的には体温は高いほうがいいです。

体温が低いと低いなりのメリットが有るのですが、基本的にはデメリットのほうが多いと見ています。

 

乳房の部分というのは、脂肪でできています。

体温が低いと新陳代謝がよくありません。その逆もしかり。

ということは、脂肪が溜まりやすくなってしまうのです。

 

体温が低いイコールバストアップにつながるというとそういうわけではないのですが、一度太らすためには、脂肪をためてやる方法もあるということを覚えておくとよいでしょう。

 

そもそも低体温は健康にはよくありません。

低体温でいるということはできるだけ避けなければならないと私は思っています。

一時的に太るためにそういった時があってもいいかもしれませんが、長い間低体温でいるということは好ましくありません。

血行が悪くなり、健康だけでなく美容にも良くないのです。

 

ダイエットしながらバストアップというのはなかなかできたものではありません。

 

引き締めたからだになった上で出るとこは出ると言ったことはなかなか難しいのではないか、と最近になって思ってきました。

 

もちろん筋トレなど毎日鍛えているのなら、話は別ですが。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑